プレミアリーグ第3節、チェルシーは昇格組であるWBA相手に苦戦を強いられた。

開始4分で先制されると前半だけで3失点。敗戦濃厚かと思われたが、後半アディショナルタイムに追い付き、なんとか3-3の引き分けに持ち込んだ。

この日のチェルシーはGKにケパではなくウィリー・カバジェロを起用。さらに、プレミアデビュー戦だったチアゴ・シウヴァにキャプテンマークを託すも、そのシウヴァが痛恨ミスから失点を与えてしまった。

フランク・ランパード監督は『Sky Sports』に対してこう述べていた。

フランク・ランパード(チェルシー監督)

「3つの守備のミスで3失点だ。

勝点2を落とした。WBAを過小評価しているわけではない。

あれはミスだった、明らかなミスだ。完全なミスだった。

何度も分析するような戦術的なものは何もなかった、単純なミスだった」

チアゴ・シウヴァがやってしまった2失点目のシーンがこれ(以下動画47秒~)。

これは完全なるミス…。

【関連記事】プレミアリーグに「来ないほうが良かった」10名

ただ、1点目もマルコス・アロンソのパスミス(動画15秒~)、3失点目もコーナーキックで相手を完全にフリーにしている(動画1分~)。 

指揮官は、シウヴァだけでなくチームとしてミスからやられたと嘆いていたようだ。