ロストフMF橋本拳人がロシアリーグ移籍後初の1試合2ゴールを決めた。

第9節アルセナル戦で2得点を叩き出し、2-3の逆転勝利に貢献したのだ。その2ゴールがこれだ(以下動画1分43秒~)。

まずは、CFのようなポジションでのヘディングで1点目!ただ、よく見ると肩付近に当たっているかも?

その直後にはコーナーキックのこぼれを押し込み2点目をゲットしている。

【関連記事】MFなのにストライカーばりの「得点力」を持っている5人の秀英

FC東京でのシーズン最多得点は5点だった橋本だが、ロシアではすでに4点を記録。

クラブ公式によれば、どうやってこんなに得点できるのか聞かれると「なぜだか自分にも分らない。(シーズン)10点が目標」と答えたそう。

また「みんなとてもフレンドリーなので、適応は簡単。全員と話しているし、誰もが適応するのを手助けしてくれる」とも述べていたとか。

ヴァレリー・カルピン監督も「彼はペナルティエリア内にいるべきであり、それをやってみせた」と讃えていた。