プレミアリーグ第3節、リヴァプールはアーセナルとのビッグゲームに3-1で勝利した。

DFアンディ・ロバートソンのミスで先制されるも、そのロバートソンらの得点で逆転。最後はディオゴ・ジョタの移籍後初ゴールで留めを刺した。

『Liverpool ECHO』によれば、アーセナルのミケル・アルテタ監督はこう述べていたそう。

ミケル・アルテタ(アーセナル監督)

「相手にできる限りプレッシャーをかけようとした。

だが、ファンダイクに60ヤード(54メートルのパス)をサラーに通された。

これぞ本物のクオリティだ。だから、彼らは持っている資金を投下したんだよ」

また、「リヴァプールのプレスを掻い潜っても、ファンダイクが立ちはだかる。彼は60ヤードのパスをサラーに通してプレッシングを回避した」とも述べていたとか。

最強CBフィルヒル・ファンダイクがやったその超フィードがこれ(以下動画6分43秒~)。

右奥のモハメド・サラーにフィード一発!アーセナルがプレッシャーをかけていたはずが、一転してリヴァプールのチャンスに。

【関連記事】「プレミアリーグ、いま最もロングパスが上手いDFはこの7人!」

また、ファンダイクはロベルト・フィルミーノへのフィードで2点目の得点も演出している。