現在インターナショナルマッチウィークに入っているサッカー界。選手たちは代表チームに合流したり、休暇を過ごしたりとそれぞれに動いている。

ところが、『L'Equipe』などの報道によれば、イタリア・セリエAのユヴェントスで新型コロナウイルスをめぐる問題が発生しているようだ。

ユヴェントスでは先週土曜日にスタッフの2名から新型コロナウイルス陽性反応が確認され、チーム全体が外部との接触を避けるよう要請された。

しかしジャンルイージ・ブッフォンとメリフ・デミラルの2名は月曜日の朝に隔離されたホテルを離れて帰宅することを決断。

さらにロドリゴ・ベンタンクール、フアン・クアドラード、ダニーロ、パウロ・ディバラ、そしてクリスティアーノ・ロナウドの5名は代表チームに合流するために去っていったという。

記事によれば、ユヴェントス側には隔離を命ずる義務がないとのことで、選手個人の責任による行動になるようだ。

ユヴェントスはこの7名の行動について当局に通知を行っており、今後何らかの処分が行われる可能性もあるとのことだ。

先日のナポリ戦が新型コロナウイルスの影響で延期となったユヴェントス。

その映像も配信されているが、ナポリの選手がやってくることができない状況に騒然…。

【関連記事】ユヴェントスでプレーしたことを「忘れられている」9名

とはいえ記事によればそれほど深刻な違反として扱われることはないのではないか…と推測されているようだ。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら