このインターナショナルマッチウィークでフランス代表に合流し、ポルトガル戦とクロアチア戦に出場していたグリーズマン。

彼は今回新しいPumaのスパイクを導入したのだが、それは「Puma ウルトラ」の特別コラボバージョン。それがこれ。

通常の「Puma ウルトラ」とはわずかに違ったカラーリングとなっており、さらにサイドには「RIMAC」のロゴが入っているぞ。

「RIMAC」とは、クロアチアに本拠地を置いている高級車メーカー『Rimac Automobili』のこと。

2009年に創立されたこのメーカーは電気自動車のスポーツカーを展開しているマニファクチュアラーであり、バッテリーパックやドライブトレーンを製造して他社に供給したりもしている。

このスパイクとコラボしているのはRimacのモデル「Rimac C Two」で、4つのモーターを搭載し最高速度412km/hを叩き出すスーパーカーとなっている。

「Rimac」は今回この「Puma ウルトラ」コラボモデルで軽量化カスタムを行い、なんと27cmのモデルで片足90グラムという驚愕のスパイクに仕上げたとか。

【関連記事】最多はNIKE!日本代表選手の着用スパイクまとめ(2020年10月)

なお、このコラボモデル「PUMA ULTRA SL FG」は「Rimac C Two」の最高速度にちなんだ412足が限定販売。日本での価格は4万4000円となっているぞ。