今週末、バルセロナ対レアル・マドリーが激突するエル・クラシコが行われる。

ここでは、『Transfemarkt』で「レアルとバルサが保有するなかで最も市場価値が高いローン中選手TOP5」を調べてみた。

5位:レイニエル(レアル・マドリー)

レイニエル(レアル・マドリー)

市場価値:2250万ユーロ(27.7億円)

ドルトムントに貸し出されている18歳のブラジル人大型MF。

2020年夏にレアルがフラメンゴから確保したブラジルの“最新至宝”だ。

レアルの公式HPでは「テクニックとボールを持っての創造性に優れた攻撃的MF。攻撃のあらゆるゾーンで決定機を演出することが可能で、チームメイトと連携を取り、ドリブルまた得点の能力がある」と紹介されている。