武藤嘉紀をエイバルにローンで放出したニューカッスル。先日、23歳のフランス人FWフロラン・インダレシオと今季末までの契約を結んだ。

『The Chronicle』によれば、彼はアラン・サン=マクシマンの親友だそう。もとはサンテティエンヌのユースチームに所属していたものの、規律面の問題によって15歳で放出。その後はレンガ職人などとして働きつつ、オーストラリアの4部リーグでプレーしていたとか。

フロラン・インダレシオ

「彼(サン=マクシマン)は本当の友人だ。彼がチャンスをくれた。クラブにトライアルについて話してくれたんだ。

そこで俺はいいプレーをして、クラブは僕と契約した」

「以前は英語を全く話せなくてね。hello、how are you、thank youしか知らなかった。

建設現場で上司や同僚たちと一緒に英語を勉強したのさ。

自分はやつらのマネをしただけなんだ。どう働くか、どうやって(コンクリートを)混ぜるか、どうやってレンガを積むのか。誰もが助けてくれた。

シドニーの人間は誰もレンガ職人として働きたがらない。一番きつい仕事のひとつだからね。ものすごく肉体的だ。俺の体もクタクタだった。

若い頃のことは大いに後悔している。

オーストラリアで働いていた時、まだフランスにいた時、友達全員がプロとしてプレーしていたのに、俺は工場で働いていた。

今の俺はニューカッスルの選手だ、とても誇りに思うね」

やんちゃだった過去を悔いているというインダレシオ。ニューカッスルのトライアル(入団テスト)では超絶バイシクルシュートを決めて合格を掴み取った。

この投稿をInstagramで見る
𝙄 𝙖𝙢 𝙚𝙭𝙩𝙧𝙚𝙢𝙚𝙡𝙮 𝙚𝙭𝙘𝙞𝙩𝙚𝙙 𝙖𝙣𝙙 𝙜𝙧𝙖𝙩𝙚𝙛𝙪𝙡 𝙩𝙤 𝙖𝙣𝙣𝙤𝙪𝙣𝙘𝙚 𝙩𝙝𝙖𝙩 𝙄 𝙝𝙖𝙫𝙚 𝙨𝙞𝙜𝙣𝙚𝙙 𝙢𝙮 𝙁𝙞𝙧𝙨𝙩 𝙋𝙧𝙤𝙛𝙚𝙨𝙨𝙞𝙤𝙣𝙖𝙡 𝘾𝙤𝙣𝙩𝙧𝙖𝙘𝙩 𝙬𝙞𝙩𝙝 @nufc . 𝙄 𝙬𝙖𝙣𝙩 𝙩𝙤 𝙏𝙝𝙖𝙣𝙠 𝙂𝙤𝙙, 𝙢𝙮 𝙁𝙖𝙢𝙞𝙡𝙮 𝙖𝙣𝙙 𝙁𝙧𝙞𝙚𝙣𝙙𝙨 𝙛𝙤𝙧 𝙜𝙪𝙞𝙙𝙞𝙣𝙜 𝙢𝙚 𝙩𝙝𝙧𝙤𝙪𝙜𝙝 𝙩𝙝𝙞𝙨 𝙡𝙤𝙣𝙜 𝙪𝙣𝙪𝙨𝙪𝙖𝙡 𝙟𝙤𝙪𝙧𝙣𝙚𝙮 𝙖𝙨 𝙬𝙚𝙡𝙡 𝙖𝙨 𝙩𝙝𝙞𝙨 𝙖𝙢𝙖𝙯𝙞𝙣𝙜 𝙘𝙡𝙪𝙗 𝙛𝙤𝙧 𝙜𝙞𝙫𝙞𝙣𝙜 𝙢𝙚 𝙩𝙝𝙚 𝙤𝙥𝙥𝙤𝙧𝙩𝙪𝙣𝙞𝙩𝙮 𝙩𝙤 𝙖𝙘𝙝𝙞𝙚𝙫𝙚 𝙢𝙮 𝙙𝙧𝙚𝙖𝙢. 𝙄 𝙬𝙞𝙡𝙡 𝙙𝙚𝙙𝙞𝙘𝙖𝙩𝙚 𝙢𝙮 𝙖𝙡𝙡 𝙩𝙤 𝙖𝙘𝙝𝙞𝙚𝙫𝙚 𝙨𝙪𝙘𝙘𝙚𝙨𝙨 𝙬𝙞𝙩𝙝 𝙩𝙝𝙞𝙨 𝙘𝙡𝙪𝙗. 𝘾𝙖𝙣’𝙩 𝙬𝙖𝙞𝙩 𝙩𝙤 𝙜𝙚𝙩 𝙩𝙤 𝙬𝙤𝙧𝙠, 𝙩𝙝𝙚 𝙗𝙚𝙨𝙩 𝙞𝙨 𝙮𝙚𝙩 𝙩𝙤 𝙘𝙤𝙢𝙚 .
𝙁𝙡𝙤𝙧𝙚𝙣𝙩 𝙄𝙉𝘿𝘼𝙇𝙀𝘾𝙄𝙊(@floindal)がシェアした投稿 -

これはすごい!

【関連記事】才能を浪費した10名のサッカー選手

まずはニューカッスルのU-23チームでプレーするという彼は無償でもいいとも述べている。