この夏に武藤嘉紀が移籍したニューカッスル。

イングランド屈指の歴史と人気を誇るクラブであるが、個性的な選手も数多くプレーしてきた。ここでは、そのごく一部を振り返ってみる。

元フランス代表FWロラン・ロベール(2001~2006)

ロラン・ロベール

「左足の魔術師」などと形容されたレフティ。

高速ドリブル、高速キック、フリーキックを売りとするアタッカーで、左足のキックは破壊力抜群だった。映画『Goal』でも、彼のキックが使われたほど。

ファンに愛されたカルト的ヒーローだったが、グレアム・スーネス監督との衝突もあり退団…。

それでも、ボビー・ロブソンのことは敬愛しており、当時のニューカッスルについてこう述べている。

「僕らにはとてもいい監督だけでなく、素晴らしい選手もいたんだ。シアラー、ソラーノ、ギヴン、スピードらワールドクラスの選手たちがね」

「非常にいいグループだった。ピッチ上だけでなく、ピッチ外でも素晴らしい関係だったんだ」