リヴァプール戦でのタックルが物議を醸したエヴァートン。今季初黒星を喫したサウサンプトン戦でもフランス代表DFルカ・ディーニュが相手のかかとを踏みつけたとして一発退場になった。

ただ、カルロ・アンチェロッティ監督は意図的ではなかったとして、処分撤回を求めて控訴すると述べていた。

そうしたなか、エヴァートンはディーニュの出場停止数が3試合から1試合に軽減されたと発表。

規制委員会は厳しすぎる処分という訴えを支持し、当初の3試合を撤回して1試合に変更したとのこと。

問題のシーンで、ディーニュはカイル・ウォーカー=ピータースを追走。走りながら、相手の足首に乗り上げるような形になった(映像後半)。

確かにアクシデント的ではあるが…。

ディーニュとカイル・ウォーカー=ピータース

処分撤回には至らなかったものの、出場停止の軽減という判断になったようだ。

ディーニュはニューカッスル戦には出場できないが、11月7日のマンチェスター・ユナイテッド戦からは出場できる。