ミッドウィークのUEFAチャンピオンズリーグ、ディナモ・キエフ戦に2-1で勝利したバルセロナ。

膝の怪我で離脱していた守護神マーク=アンドレ・テア・シュテーゲンがこの試合で復帰を果たした。

試合後、ロナルト・クーマン監督は「マークが素晴らしいGKだということは分かっていた。今日はファンタスティックだったね」と賞賛。

実際、守備陣がフリーでシュートを許したピンチでは驚異的なセーブを見せつけている。

この投稿をInstagramで見る
Que defesa GIGANTE de @mterstegen1 😱 #ChampionsELEVEN
ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿 -

左サイドを突破されたバルサ。相手MFヴィタリ・ブヤルスキがフリーでヘディングシュートを放つも、テアシュテーゲンが神セーブ!

目の前には別の相手選手がいたため、プレーが難しかったはずだが、さすがの反応で阻止しており、相手が思わず頭を抱えたスーパーセーブだった。

試合後、そのテアシュテーゲンは「自分がいなかった間、変化があった。新しい監督と新しいアイデア。僕らは少し異なる構成でプレーしているし、新しい若手選手もいる」としつつ、その変化を習得するのは自分次第と述べている。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら