UEFAネーションズリーグのファイナルステージ進出を決めたフランス代表。

王者ポルトガルを0-1で撃破した試合ではアドリアン・ラビオも出色の出来を見せた。

彼はディディエ・デシャン監督から一時は干されていた選手だが、ついに代表での地位を掴み取った。『L'Équipe』によれば、デシャン監督はラビオについてこう述べていたという。

ディディエ・デシャン(フランス代表監督)

「私はアドリアンと話し合った。彼にリミットはないし、適応できる。完成された選手だ。

彼のことを忘れたことは一度もなかったよ。

彼が変身したと言うつもりはないが、もはや同じ(選手)ではない。我々は信頼関係にある。

私は彼がどこにいるか知っている。ユヴェントスで成功しているだけのことはあるね。

(ユーヴェで)もし不満を言えば、そこにはいられない。

だてにユヴェントスのようなビッグクラブにいるわけではないね。

過去を消すつもりはないが、最も重要なのは未来だ。私は彼を信頼している」

2019年にPSGからユーヴェに移籍したラビオ。当初は活躍できずに苦しんでいたものの、その後イタリアでも地位を確立した。 

現役時代にユーヴェでプレーした経験を持つデシャンはその厳しさを知ってるだけに、ラビオの変貌ぶりを高く評価しているようだ。

実際、ラビオはポルトガル戦で強烈なシュートを放ち、エンゴロ・カンテの決勝ゴールを演出している(以下動画4分33秒~)。

キレキレのラビオは海外のファンたちからも絶賛されていた。

【関連記事】フランス代表、わずか1capの男たち

4チームで争うネーションズリーグのファイナルズ。現時点で進出が決まっているのは、フランスだけだ。