心不全のために60歳で死去したディエゴ・マラドーナ氏。レジェンドの死を悼み、世界各地の試合では黙祷が捧げられている。

バルセロナFWリオネル・メッシはリーガ第11節のオサスナ戦でのゴールをマラドーナに捧げた。得点を決めた後、マラドーナのニューウェルス時代のユニフォームを見せつけたのだ。

【動画】泣ける…メッシ、泣きマラドーナにゴールを捧げた感動シーン

メッシの行動は感動的なものだったが、ユニフォームを脱いだことでイエローカードを提示された。

また、『Ole』などによれば、バルセロナには3000ユーロ(37万円)の罰金も科されるようだ。

FIFAのルールでは、ゴールセレブレーションの際に「どんな目的であっても」ユニフォームを脱いでスローガンなどを見せることは禁じられている。

なお、ニューウェルスはメッシが愛する故郷のクラブである(メッシが着込んでいたユニフォームは今季のものではなく、マラドーナが着た当時のもの)。