60歳で死去したアルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏。

ブラジルのレジェンドであるロナウドが同氏との秘話を明かした。『TyC Sports』によれば、現在バジャドリーの会長を務めるロナウドはこんな話をしていたそう。

ロナウド

「彼は僕ら全員を惚れさせた。親密で素晴らしく、ハッピーで楽しい人だったよ。

ディエゴはサッカー界に忘れることが出来ないレガシーを残し、多くの人達の人生を変えた」

「マラドーナは娘がくれた2つの腕時計は決して外したことがないと言っていたよ。

でも、一緒に食事をした時に彼はそのうちのひとつを僕にくれたんだ。

さすがに断りたかったけれど、彼が怒ってしまったので受けとった。

彼の寛大さや優しさ、人としての彼を覚えておくために一生とっておくよ」

【写真】なぜ??サッカー史上に残る、背番号「10」に違和感があった7名

なお、『Globo』によれば、アルゼンチン当局はマラドーナの死を詳しく調べるために、血液や尿、心臓などを遺体から採取したとのこと。

拡張型心筋症に苦しんでいた彼の心臓は通常の2倍の重さになっていたとも。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】