今季は新型コロナウイルスの影響によって開幕が遅れた上、UEFAチャンピオンズリーグも重なり、各国のリーグが非常にハードなスケジュールで行われている。

プレミアリーグはその中でも最も過密になっており、リヴァプールは11月22日から12月1日までの9日間で4試合をプレーするというとんでもないことになっていた。

怪我人も続出する中で1日にはアヤックスとのホームゲームを1-0と勝利することに成功したが、『Liverpool Echo』によればMFジョルジニオ・ワイナルドゥムは以下のように明かし、ほとんど練習もできない状況にあると語ったそう。

ジョルジニオ・ワイナルドゥム

「僕は何も不満は持っていないよ。ただ、この間に健康を維持できていることは幸いだ。

最後まで体の調子が保たれて欲しいと祈るだけだ。とても難しいことだと思うが、自信は持っているよ。

今は試合をして、それから休んで、さらに試合という状況だ。トレーニングらしいトレーニングはなにもない。あまりにも時間がないからね。

アヤックスには優れたチームがあり、難しい相手だと分かっていたよ。試合は簡単なものではないし、勝てたことは素晴らしいよ。

2試合ともに彼らはとてもいいプレーをしていたと思う。そして、同時に我々が成長していることもわかる。それが勝てた理由だと思う。

プレミアリーグではそのような試合を頻繁にプレーする。うまくやれなくても勝つ、そのためには自分たちが成熟していなければならないんだ」

このところはコンディション面の厳しさを感じさせる試合も多くなってきたリヴァプール。合間にはもはや回復するための時間しか許されていない…という。