かつてアーセナルでもプレーしたブラジル人DFガブリエウ・パウリスタ。

現在はバレンシアに所属する彼がスペイン国籍を取得したとSNS上で報告した。

30歳のガブリエウ・パウリスタはアーセナルに来る前にもスペインのビジャレアルでプレーしている。

ガブリエウ・パウリスタ(バレンシアDF)

「スペイン国籍を与えられた。僕を歓迎してくれたこの美しい国と国民に感謝するほかない。

僕はブラジル生まれであり、生まれた国を愛している。これからもずっとそうだ。

ただ、スペインは多くを与えてくれたし、最愛の息子もここで生まれた」

また、バレンシアのクラブ内メディアでは「(ルイス・エンリケ)監督に注目してもらいたい。代表でプレーしたいし、スペイン代表としてEUROで戦いたい」とも述べていたという。

【写真】2つの代表チームでプレーした現役選手10人

ガブリエウ・パウリスタは2015年にブラジル代表に招集されているが、セレソンとしての試合出場はない。ブラジル出身のスペイン代表選手としては、ジエゴ・コスタやロドリゴ(リーズ)らがいる。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら