ラ・リーガ第12節、ビジャレアルの久保建英はエルチェ戦に途中出場した。

後半開始時から投入された久保は45分ほどプレー。リーグ戦では唯一先発出場したカディス戦に次ぐプレータイムを得た。

『Marca』によれば、0-0に終わった試合後にウナイ・エメリ監督は久保についてこう述べたという。

ウナイ・エメリ(ビジャレアル監督)

「レアル戦でも終盤に久保に決勝点のチャンスがあった。今日も久保に勝つための決定機があった。

(引き分けとなった)この3試合で、どちらかが勝ちに値するなら、それは我々だった。

だが、我々はクリティカルでなければならないし、もっと多くを生み出さなければいけない。

信頼性を維持しようとしているし、我々は一貫している」

「(久保について)

これはプロセスだ。我々の試合を見ている人なら誰でも、適応するための軌跡があることを理解している。

彼には満足しているよ」

ELでは勝利したものの、リーグ戦では3試合連続で引き分けとなったビジャレアル。

指揮官が指摘したように久保にもあわやという惜しいシュートシーンがあった。

【動画】エメリ監督も言及した久保の英雄未遂シーン

後半28分、ゴール前でパスを受けた久保は相手3人に包囲されながらも、左足でトラップした直後に左足でシュート!

時間的にもスペース的にもこれしかないという見事なプレーだったが、相手GKエドガル・バディアの素晴らしい反応に阻止されてしまった。

久保本人も手を振り回して悔しさを露わにしており、『Marca』も「久保のシュートはほぼゴールだった!エドガルのスーパーセーブ」と伝えていた。