プレミアリーグ第14節、リヴァプールは敵地でのクリスタル・パレス戦に0-7で圧勝した。セネガル代表FWサディオ・マネもスーパーなシュートでチーム2点目となると得点を決めている。

そのマネは得点後に天に向かって投げキスをするゴールセレブレーションをしていた。

このセレブレーションはあるファンと約束したもの。先月末、マネはダウン症のリーさんとビデオ通話を通じて対面。その際、マネは「セレブレーションを真似したい。何か見せてくれるかな」とお願い。すると、リーさんは祖父に敬意を表すように天に向かって投げキスをするポーズを見せていた。

マネはその約束を覚えていてパレス戦で実行したというわけ。

【動画】これは感動的!マネとリーさんとの素敵な交流シーン

31歳のリーさんがボランティアとして定期的に働いているフローリーコミュニティセンターも「マネがやってくれた!」とSNSで感謝のメッセージを綴っている。

海外のファンたちは「マネはピッチ上でもピッチ外でも史上最高」、「なんて素敵な振る舞いなんだ」、「セレブレーションを見て喜ぶリーさんの表情が浮かぶ」、「サディオは地元のスーパーによく来ていた。いつも店員とハグをしていたし、頼まれたら必ず写真も撮っていたよ。本当に素晴らしい人だった(サウサンプトンファン)」などと反応していた。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら