一時はプレミアリーグ首位に立っていたトッテナムだが、3試合勝ちなしで6位に順位を下げている。24日には敵地に乗り込み、2部ストークとのリーグカップを戦う。

『Sky Sports』によれば、この一戦ではアウェイチームのロッカールームが話題になっているようだ。

今月初旬にストークの本拠地に乗り込んだミドルズブラのニール・ウォーノック監督は、アウェイ側の設備が「豚小屋」のようだったと酷評。

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督はそのロッカールームの映像を手に入れていると述べた。

ジョゼ・モウリーニョ(トッテナム監督)

「ビデオを持っている。ストークと戦った別チームの関係者によるビデオだ。

私はこの問題を提起するつもりはなかったが、君(記者)が質問した。

だが、私にするべき質問ではないと思う。私ではなく、当局や安全を管理する当局にすべき質問だ。

ストークのアウェイ側ロッカールームについてコメントする悪者になるつもりはない」

新型コロナウイルスによる中断明け以降、イングランドでは接触を最小限に抑えるためのプロトコルを順守するために、アウェイチームは仮設のロッカールームを使うことが多いという。

ウォーノック監督はストーク側から提供されたそのアウェイ用ロッカールームがあまりに酷かったと批判していたのだ。

【写真】「GQが査定!20-21プレミアリーグ、最強ユニフォームランキング」

『Sky Sports』によれば、モウリーニョ監督は当局に対してストークの仮設ロッカールームを調べるように求めたとのこと。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら