現在アーセナルでメンバーから外されてしまっているドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ。

プレミアリーグではあまり一貫性のないプレーに終始したため評価は高まっていないが、まだ年齢は28歳とピークにある。

【動画】夏に公開されたチェルシー戦でのムスタフィ…素晴らしいときは素晴らしい

そして今回、なんと彼の代理人であるエムレ・エズトゥルクが、自身のInstagramにカンプ・ノウの写真とともに「会談の準備ができている」とコメントを付けて投稿したのだ。

『SPOX』がエムレ・エズトゥルクに確認したところ、「ユスフ・デミレルのためではなく、アーセナルのシュコドラン・ムスタフィのためにいる」とのコメントが帰ってきたとのこと。

ムスタフィとアーセナルの契約は今季限りとなっており、もし夏に移籍するのであればフリーエージェントでの契約が可能となる。

ただバルセロナは現在ジェラール・ピケを負傷のために失っており、センターバックがやや不足していることも事実。

果たして1月の移籍を見越してのものなのか、あるいは夏に加入することを目指しての接触なのか…。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら