6日に行われたウディネーゼ戦で2-2と引き分けてしまったボローニャ。冨安のゴールで先制し、終盤までリードを守っていたものの、アディショナルタイムに追いつかれてしまった。

【動画】冨安の今季2ゴール目はフリーキックからのヘッド!

試合後『Sky』のインタビューに応えたボローニャのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督は、自分たちのイエローカードがあまりにも多いことに不満を述べたという。

シニシャ・ミハイロヴィッチ

「アディショナルタイムにゴールを決められたことは残念だね。

我々はヨーロッパで最もイエローカードを受けているチームだ。フェルナンド・コウトやシニシャ・ミハイロヴィッチがプレーしているわけでもないのにな。

ロドリゴ・ベカン(ウディネーゼDF)は87分に退場しているべきだったよ。一発レッドか、2枚めのイエローカードでね。しかしそうはならなかった。

我々はよくやっている。しかし試合は台無しになってしまったね。

ボローニャは相手を壊すのではなく自分たちのプレーをするチームだ。自分たち自身のパフォーマンスに満足していなければならないんだ。

我々にふさわしい結果が出なかった試合が何度もあったよ」

ラツィオでセンターバックのコンビを組んでいたポルトガル代表DFフェルナンド・コウトとともにハードなプレーを得意としていたミハイロヴィッチ監督。

現在はピッチに出ていないにもかかわらず、自分のところにイエローカードが多いことがやや納得行かないようだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら