元日本代表DF内田篤人氏の初冠番組として、DAZNで配信中の『Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME』。

2021年最初の放送となった#13では、自身が応援リーダーを務める全国高校サッカー選手権大会の話も飛び出した。

日本サッカー協会とロールモデルコーチとして契約している内田。U-18日本代表候補の合宿などで顔を合わせた青森山田の松木玖生と藤原優大のあるエピソードを明かしていた。

内田篤人

「青森山田の玖生くん、あとは藤原くん。18歳以下の日本代表で玖生くんを見て、藤原くんはU-19の合宿に来てました。

ちょっと体幹のトレーニングを手伝ったんですけど、すごいよ。返事の仕方が。

大丈夫?って言ったら、(姿勢を正して)ハイッ!って。

部活だな、こいつはって思いましたけど(笑)。すぐ分かります。

ユースの何かこうちょっと(内田自らチャラい仕草をする)みたいな感じと、部活のシャキーンとした上下関係があって、先生に『んぁ!』って言われている目つきの違いを僕は感じますね」

「玖生くん、2年生ですか?じゃあ、去年出てたのは1年生ですか!

18歳以下の日本代表の練習を見ていた時に、練習終わり~って言って、ボールも全部片づけているのに、ボール1個だけ出してきて、監督のところに行って、『最後もう一回ロングボール蹴っていいですか?』って言ってたんで、この子すごい強気だなって思って。

こういう選手が伸びるんだなぁ、強気で、と思いましたけどね」

【動画】内田篤人を唸らせた松木玖生のU-18日本代表合宿プレー集

この他、内田は鹿島アントラーズ入りが内定している須藤直輝(昌平高)についての嬉しかったエピソードも明かしていた。

この放送は2月7日までDAZNで見ることが出来るので、気になる高校サッカーファンは是非チェックして欲しい。