現在マンチェスター・シティとの契約が残り半年になっているブラジル代表MFフェルナンジーニョ。330以上の試合に出場してきたクラブをついに去ることになりそうだ。

アトレチコ・パラナエンセでデビューを果たしたフェルナンジーニョは、20歳でウクライナに渡ってシャフタール・ドネツクでプレー。

さらにマンチェスター・シティに加入して8シーズンが過ぎているが、代理人によればかつて所属していたアトレチコ・パラナエンセに戻ることを前向きに考えているそうだ。

【動画】ストーク戦で決めたフェルナンジーニョの超絶ミドル

代理人は『Globo』に対して以下のように話したそうだ。

代理人

「フェルナンジーニョについては、ブラジルやヨーロッパのクラブからいくつかのオファーと良いプロジェクトを受け取ったよ。

彼がどのような決定を下すか、それが決まるまではそう長くかからないと思うよ。

フェルナンジーニョがアトレチコ・パラナエンセとその経営陣をとても気に入っていることは、誰もが知っている。

私もマリオ・セルソ・ペトラリア会長と素晴らしい関係を築いている。対話は常に行われているが、まだお金について話しているとは言えない段階だ。まだ何もないよ」
ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら