セリエA王者とコッパ・イタリア覇者が戦うスーペル・コッパ。このほど、ユヴェントスとナポリとの対決が行われ、ユーヴェが2-0で勝利を収めた。

GKヴォイツェフ・シュチェスニはこの試合でスーパーセーブを連発したのだが、チームで優勝を祝う写真に彼の姿はなかった(トロフィーを掲げた写真には写っている)。

『Sky』のインタビューで彼はその理由をこう明かしていたそう。

ヴォイツェフ・シュチェスニ(ユヴェントスGK)

「真実を教えるよ。試合後に僕はすぐに別の部屋に連れていかれた、ドーピングテストをするためにね。

だから、仲間たちとセレブレーションする時間もチャンスもなかったのさ。

皆楽しそうだったから残念だよ。でも、試合後の気持ちはとてもよかった」

海外では「シュチェスニがあまりに凄いプレーを見せたので、薬物検査の対象になった」という声もあるが、選ばれる選手はランダムのはず。

【動画】ドーピング疑惑?シュチェスニ、ナポリを絶望させた鬼セーブシーン

シュチェスニは「ボローニャ戦まで2日しかないので、すぐにスーペルコッパのことは忘れなきゃね」とも語っていたそう。日本代表DF冨安健洋も所属するボローニャとの対戦は24日に行われる。