28日に行われたベルギーリーグ第22節で、伊東純也が所属しているヘンクはズルテ・ワレヘムと対戦した。

前半終了間際と52分にポール・オヌアチュがゴールを決め、さらに67分に伊東純也が2試合連続となる得点を叩きこみ、3-0とヘンクがリード。

その後ズルテ・ワレヘムに2点を返されたものの、最終的には3-2と勝利。ヘンクにとっては1月7日のオイペン戦以来5試合ぶりの白星となった。

そして、好調を続ける伊東純也がこの試合で見せた、得点の起点となる鮮やかなヒールパスが話題になっているぞ。

【動画】鮮やかすぎる…

ヘンクの公式サイトも、ポール・オヌアチュのゴールに繋がったこのプレーを動画で掲載。多くの反響を得ているぞ。