今週末に行われるマンチェスター・シティ対リヴァプールのビッグゲーム。

そうしたなか、かつてリヴァプールでプレーしたジェイミー・キャラガーがシティ選手を絶賛した。『Telegraph』のコラムでこう綴っていたとか。

ジェイミー・キャラガー

「ルーベン・ディアスはPlayer of the Yearの本命候補になるべきだね。

いいCBというのは、周囲の選手もよく見せることができる。

ユルゲン・クロップのもとでファンダイクの相方が誰であっても問題ないように見えた時期があったように、今のグアルディオラもディアスのもとで同じ贅沢を得ている」

周囲の選手まで引き立たせるほど優れた能力を持つフィルヒル・ファンダイク。キャラガーはディアスにもそれと同じような資質があると見ているようだ。

【動画】ファンダイク級!?シティDFディアスの鬼ディフェンスまとめ

実際、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督もディアスの能力を絶賛している。エティハド・スタジアムでの激突でディアスがどんなプレーを見せるのか楽しみだ。