この冬から香川真司がプレーするギリシャ。そのギリシャ1部リーグで驚きの理由で試合を欠場することになったGKがいた。

それは、パネトリコスの守護神クリストファー・ケネット。

『gazzetta.gr』によれば、30歳の彼はステーキを料理していた際、自分の腕も焼いてしまったそう。

火傷した右手が炎症を起こしたことで、パナシナイコス戦に出場することができなくなったとのこと。

【動画】有名選手もハマる!セクシー塩ふりおじさんの「黄金ステーキ」がやばい

オーストリア人のケネットは正GKとして今季のギリシャ1部リーグで21試合に出場している。