21日に行われたポルトガルリーグ第20節、マリティモ対FCポルトは1-2という結果で終了した。

14分にポルトのマテウス・ウリベが先制ゴールを決めるも、その直後にマリティモがレオ・アンドラーデの得点で追いつき1-1に。試合終了間際のPKでポルトがなんとか勝ち越したという内容だった。

そして、この試合で話題になっているのが43分、あの元レアル・マドリーのDFペペが激怒した場面だ。

ドリブルで持ち上がろうとしたペペに対し、マリティモのFWジョエル・タゲウがプレス!タッチライン際でタックルをかますと…。

【動画】悶絶しながら激怒するペペ!傷跡が痛々しい

「何を見てんだ!」と審判にアピールするペペ。その足には穴が開いていた…。

しかしこのプレーでタゲウにはイエローカードが提示されず、そのまま試合は続行。確かにリプレイを見るとかすったような形だったようである。