プレミアリーグ首位を走るマンチェスター・シティは今週末にウェストハムと対戦する。

デイヴィッド・モイーズ監督が率いるハマーズは今季4位と躍進中。『BBC』によれば、モイーズ監督は敵将ジョゼップ・グアルディオラについてこんな例え話をしていたそう。

デイヴィッド・モイーズ(ウェストハム監督)

「ペップはサッカー界のヘストン・ブルメンタルだ。

ブルメンタルはチョコレートと卵を混ぜるなど、夢にも思わない愚かだったりとんでもないことをやる。

『これは絶対うまくいかないな、味も見た目もよくないだろう』と思うことをね。でも、やるんだ。

ペップはサッカー界で多くの人間が考えもしなかった驚くべきことをやっている。私は彼をとても高く評価しているよ。

彼は革新的で常に新たなアイデアを探している。

彼はシンクタンクの部屋にいるような気がするね。どうすれば選手たちをよりよくパフォーマンスさせられるか、どこでボールを受ければ相手にとって厄介になるかを考えている」

ブルメンタル氏は英国の有名シェフ。ベーコンと卵のアイスクリームやカタツムリのお粥などブッ飛んだレシピで名を知らしめた人物だそう。また、大英帝国勲章(ランク4番目のOBE)も授与されている。

【動画】料理界の革命児がつくったベーコンエッグアイスクリーム

海外のファンたちは「ペップは偽サイドバックや偽9番などのブッ飛んだ戦術で名を知らしめた」などと反応していたぞ。