現在もまだ世界的に感染が続いている新型コロナウイルス。各国でようやくワクチンの実用化が始まったものの、まだその数は多くの人に行き渡るほどのものではない。

そんな中、あのブラジルの伝説的名選手であるペレが自身のInstagramで「ワクチンを接種した」と報告した。

ペレ

「今日は忘れられない日だ。ワクチンを接種した!

パンデミックは終わっていない。多くの人が予防接種を受けていない。我々は命を救うために規律を守り続けなければならないよ。

手をよく洗い、できるだけ家にいる。外出するときはマスクを着用し、ソーシャルディスタンスをとることを忘れないでほしい。

考えて助け合うことができれば、この戦いには勝つことができるだろう」

なお、『Besoccer』によれば、ペレのワクチン接種は第一回目だったのか、それとも第二回目だったのかは不明であるとのこと。

【動画】10月に80歳の誕生日を迎えたペレに、FIFAが送ったスペシャル映像

この数年間健康状態が悪化していたペレ。公の場に出ることは数少なくなっており、車椅子に乗っている場面が目立つようになってきた。

そのため新型コロナウイルスによる合併症のリスクが高いと考えられているカテゴリに入っており、このタイミングでワクチンを摂取することになったようだ。