J1リーグのガンバ大阪は4日、「6日に行われる予定となっていたJリーグ第2節鹿島アントラーズ戦が中止になった」と公式発表した。

ガンバ大阪は3日に行われる名古屋戦を前にしてトップチームの選手が発熱の症状を示し、PCR検査を行った結果新型コロナウイルスに感染していることが発覚。

さらにチーム全体で検査を行ったところ複数名の陽性者が確認され、名古屋戦がキックオフ直前に中止となっていた。

そして4日に行われた再度のPCR検査ではさらに1名の選手が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表されている。

【写真】Jリーグ 2021シーズン新ユニフォームまとめ(J1・J2・J3)

それを受け、ガンバ大阪は感染の影響範囲がまだ確認できないとして、6日に行われる鹿島アントラーズ戦の中止を決定したとのこと。