今年初のインターナショナルマッチで韓国を3-0で下した日本代表。

柏レイソルのMF江坂任もこの試合で代表デビューした選手のひとりだ。

流通経済大、J2ザスパクサツ群馬、大宮アルディージャを経て、代表入りを果たした彼は28歳の遅咲き。

そうしたなか、DAZNで配信されている内田篤人の『FOOTBALL TIME』では、江坂をプッシュしていた。内田と元日本代表DF岩政大樹さんがこんな話をしていたのだ。

岩政大樹

「(今回の代表招集は)Jリーグ勢のコンスタントにここ数年活躍している選手たちが入ってきて、特に中堅の選手たちですよね。

おそらくここくらいしかチャンスがなかなかないって選手たちで。

僕はまさにそういう立場だったんですけど、僕はそこから滑り込みました。たぶん、このなかの何人かはそういう選手も出てくるんだと思うんです。

このなかの誰がそこに入ってくるかというところはちょっと楽しみに見たいなと思います」

内田篤人

「そう!年齢的にもここである程度韓国相手にやってくんないとこの後呼べないぜっていう意味も込めて呼んでいる選手が多いと思うんだよね。ここ結構勝負だと思うよ、俺」

岩政大樹

「(注目は)個人的には江坂選手ですね。

遅咲きだと思うんですけど、大卒ですから仕方がないんですが、最初にJ2から入って、そこから這い上がってというストーリーもすごくいいんです。

頭のすごくいい選手なので1トップ、もしくはトップ下のどちらもできますし、チームの機能性を高めるプレイヤーだと思うので、新しいチームの形を作れる選手でもあるかなという気がする。

早めにフィットしてくれれば、戦力になるかなというところで期待したい」

岩政さんは江坂を偽9番に配置するシステムも推していたほど。彼自身も東京学芸大学を経て、27歳で日本代表デビューした選手だったので、同じような背景を持つ江坂に思い入れがあるのかも?

【動画】日本代表生き残り!江坂任、韓国を仕留めたピンポイントキック

一方、内田も「江坂くんは絶対見たい!俺、推してたのよ。ルヴァンカップの時から」と述べていた。