今年初のインターナショナルマッチを戦っている日本代表。

その裏で週末にはJ2やJ3、ルヴァンカップの戦いが行われていた。

浦和レッズはルヴァンカップで柏レイソルと対戦。代表に招集されている浦和GK西川周作はスマホでチームの戦いをチェックしていた。

隣にいた元柏の日本代表DF中谷進之介から「GK、どうすか?佐々木くん」と聞かれると、西川は「GK、いいよ。めっちゃ飛び出すし、めっちゃとる」と誉めていた。

この日がプロデビューだった佐々木雅士は柏で期待される18歳のGK。ユース代表経験があり、シュートストップだけでなく、左足でのビルドアップも武器とする。

【動画】西川も惚れる!?GK佐々木雅士、浦和を阻止した鬼反応シーン

クラブ公式によれば、浦和相手に0-1のクリーンシートを達成した佐々木はこう述べていたそう。

佐々木雅士(柏レイソルGK)

「--プロデビューした心境について。

変に気負いすぎることなく、いつもどおり落ち着いてできたと思います。

--負けが続いていたチームの流れを変えたい気持ちもあった?

今季無失点で抑えられた試合がなかったので、自分が出てなんとしてもゼロで抑えたいという気持ちは強かったです。ゼロで抑えられて良かったです。

--これから序列を上げるために必要なことは何だと感じる?

今日はゼロで抑えられましたけど、もっと練習からシュートを止めないといけないと思います。それがGKの仕事なので、そこを上げていかないと序列は上げられないと思います。」

同じ左利きで足元も得意である先輩からの賞賛は励みになるかもしれない。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら