ブラジル代表が優勝を果たした2002年の日韓ワールドカップ。

横浜での決勝戦でドイツ相手に2ゴールを決めて英雄になったのは、ロナウドだった。

当時話題になったのは、彼の珍妙な髪形。前頭部に三角の形で髪を残すヘアスタイルは“大五郎カット”などとして大きな話題になった。

あれから20年が経とうとするなか、ロナウドはいまさらこの髪型について謝罪したとか。『Sports Illustrated』のインタビューでこう述べたそう。

ロナウド(元ブラジル代表FW)

「あれはひどかった!

子供が同じ髪形になってしまった全てのお母さんたちに謝るよ」

自分の真似をした子供がひどい髪形になってしまったことについて、母親たちにすまなかったと謝罪していたようだ。

【動画】大五郎カットのロナウドが日本で決めた伝説の鬼シュート

なんでも準決勝のトルコ戦前に負った筋肉の怪我をマスコミから隠すためにこの髪型にしたとか(話題をそらすため?)。

ロナウドは「チームメイトたちに『いい感じ?』と聞いたら、『ノー、ひどいよ!(残った部分を)切り落とせ』と言われてしまったよ」とも明かしていたそう。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】