今季突然ゴールを量産して話題を集めているマンチェスター・シティMFイルカイ・ギュンドアン。

彼は古巣ドルトムントにエールを送りつつ、バイエルン・ミュンヘンの一強体制はブンデスリーガにとってデメリットになると訴えた。『Funke Mediengruppe』でこう語ったという。

イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティMF)

「ブンデスリーガでドルトムントやRBライプツィヒが最低でもシーズン中盤まではバイエルンと争えるようになってほしい。

今後数年間、バイエルンがさらに競争からかけ離れ続けるなら、残念ながら国際的な観客にとってブンデスリーガは魅力的でなく面白くないものになる」

バイエルンがあまりにも強すぎると、世界的には魅力に欠けるリーグになってしまうと危惧しているようだ。

【動画】ドルトムント愛!ギュンドアン、相棒香川真司とやった超ゴール

そのうえで、「ここイングランドではリーグにもっとクオリティがある。トップだけでなく、欧州の舞台を戦わない中位チームもね」とも語っていたそう。