19日に発表された欧州スーパーリーグ構想。12のクラブがチャンピオンズリーグを脱退して新しいフォーマットの大会を設立するというプロジェクトだった。

しかしながらそれはサポーターや選手、監督から大きな批判を受けることになり、結局48時間で12チーム中10チームが脱退を表明するという事態に。

『Sky』によれば、この欧州スーパーリーグ計画について、エヴァートンの監督を務めているカルロ・アンチェロッティ氏は以下のように話したという。

カルロ・アンチェロッティ

「欧州スーパーリーグへの反応は、『これは冗談か?』だったよ。

まあ、これは起こらないものなので冗談だ。不可能なものだ。

ヨーロッパのスポーツ文化は、アメリカのものとは異なっている。それは我々が正しい、アメリカが間違っているということではないよ。ただ、人々の文化が違うのだ。

アメリカではスポーツの捉え方が違う。娯楽なのだ。それがヨーロッパでは情熱なのだ。

我々は『隣人に勝ちたい』と思って育ってきた。つまり成長の過程が違う。

ただ、サッカーの一部はもはやビジネスでもある。最初はスポーツであったが、投資をすることでビジネスにもなる。我々はその両方を考える必要がある。

19日はサッカーのあらゆるサポーターにとって奇妙な日だったね。彼ら12のクラブは間違っていた。選手や監督、サポーターの意見を考慮に入れていなかったからだ。

最も重要なのは、彼らはスポーツ面でのメリットなしに競争を構築しようとしたことだよ。これは受け入れられない。我々の文化は、スポーツと結婚して生まれたようなものだからね。

彼らが今戻ってきて、これから議論をしなければならない。チャンピオンズリーグの競争力を高めたいというのは誰もが思っていることだからね。

プレミアリーグやセリエAなど他の大会についても話し合う必要があるが、結局最も重要なことはスポーツ面でのメリットなのだ。

欧州スーパーリーグは不可能だと思うが、チャンピオンズリーグの新しいフォーマットは実現可能である」

【写真】注目せよ!欧州の「10代でA代表」ヤングスター10名

アメリカとヨーロッパではスポーツを見る文化が違うため、競技を蔑ろにするようなフォーマットは受け入れられなかった…と見ているようだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】