今季アヤックスからチェルシーに加入したハキム・ジヤシュは、なかなかレギュラーとして一貫した出場機会を得られておらず、まだプレー時間は1000分に満たない。

トーマス・トゥヘル監督の下ではさらに状況は悪化しており、出たり出なかったりという試合が続いている。

オランダ代表の名選手であるマルコ・ファン・バステンは『ZiggoSport』に対して以下のように話し、トゥヘル監督を批判したという。

マルコ・ファン・バステン

「またジヤシュはベンチに座った。彼がプレーすればまるでストライカーのようであるし、とてもいいプレーヤーだ。ローテーションで使われるのは悲しいよ。

ジヤシュは彼にとっていい場所にいないのだ。

ヴェルナーのプレーは本当にひどかった。しかしなぜ頻繁に使われているのか。システムは監督が考えるものだが、ジヤシュにとっては良くない。

ジヤシュに関しては言わなければならないよ。『あなたは何を知っているんだ?』と。訴えなければならない。

私はあの男と全く関係がないので、ジヤシュのことだけの話だ。彼はうまく行っていない。

あの監督にとってこれがいいことなのか、ジヤシュにとって悪いことなのかはわからないが、とにかくうまくはいっていないよ」

【写真】チェルシー、ランパード前監督の下で売られた12名…今はどうしている

ファン・バステン氏にとっては、古巣である愛するアヤックスが輩出した稀代のアタッカーであるハキム・ジヤシュが冷遇されることが全く納得行かないようだ。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら