かつてバルセロナで猛威を振るったリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの“MSN”。

南米最高の3人が織りなすアタックは圧巻だったが、ジョゼップ・グアルディオラ監督も最強のトリオだったと考えているようだ。『COPE』によれば、こう話していたそう。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「ネイマールがもっとバルセロナに残っていたら、彼らはチャンピオンズリーグをもう2,3回は優勝していただろう。

あの3人はアンストッパブル、私が人生で見てきたアタッカー陣のなかで最高の3人だ。

彼はパリに行くことを決めた。悪い決断ではない、いい街だしいいクラブだからね」

最強MSNの一角だったネイマールがバルサに残っていれば、もっとCLで優勝できていたはず…と語っていたという。

【動画】これはメッシが悪い!スアレスにガチキレしたネイマールさん

なお、ネイマールがバルサに加入したのは、ペップがクラブを去った1年後のことであり、2人は一緒に働いてはいない。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】