今夏のマーケットで目玉となることが予想されるノルウェー代表FWアーリン・ホーラン。ドルトムントで大活躍している若きエースに、数々のビッグクラブが獲得に動いているという。

【動画】とんでもない破壊力を示しているホーラン。まだ20歳だとは思えない完成度だ。

そのなかの一つが同じドイツ・ブンデスリーガを戦っているバイエルン・ミュンヘンだと伝えられていた。

しかし『Bild』のインタビューに答えたバイエルン・ミュンヘンの次期CEOオリヴァー・カーンは以下のように話し、高すぎて買えないと語ったという。

オリヴァー・カーン

「すまないが、ホーラン獲得の噂について話している人は、おそらく状況を理解していないのだ。

1億ユーロを超えるような補強は、現時点でFCバイエルン・ミュンヘンにとって想像を絶するものなのだ。

ロベルト・レヴァンドフスキがここでまだ2年の契約を結んでいる。彼のパフォーマンスは疑う余地がない。今季は39得点を決めている。

だから、今はホーランについて考える必要はない。ロベルトはこのレベルをあと数年間維持できるだろう」
【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】