アルゼンチンが生んだ稀代の天才であるディエゴ・マラドーナとリオネル・メッシ。どちらが史上最高のサッカー選手なのかという議論は絶えることがない。

かつてドイツ代表でキャプテンを務めたフィリップ・ラームはマラドーナ派のようだ。『Vía País』によれば、その理由をこう語ったそう。

フィリップ・ラーム(元ドイツ代表DF)

「何よりもまず、僕はいつもメッシにとても熱狂していたよ。マラドーナにもね!

マラドーナはアルゼンチンだけでなくヨーロッパでも世代を刻み付けた。

それがサッカーに関しては、マラドーナがアルゼンチン史上最高と言う理由さ。でも、メッシもかなり接近しているよ。

理由についてはすでに触れた通りさ。

メッシはマラドーナとは異なり、まだ代表チームで重要なタイトルを手にしていない」

今夏で34歳になるメッシはアルゼンチン代表史上最多となる71ゴールを決めてきた。だが、代表チームではいまだにひとつもタイトルを獲得できていない(五輪優勝などはあるが)。

それだけに地元アルゼンチンとコロンビアが共催する今夏のコパ・アメリカへのモチベーションも高いはずだ。

【動画】これは神の左!メッシ、アルゼンチン代表での超フリーキックシーン

なお、マラドーナは代表得点は34だったが、1986年W杯で優勝を経験している(それ以外にはコパでも優勝はないが)。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら