香川真司が加入したPAOKは国内カップ決勝でオリンピアコスを1-2で撃破し、優勝で今季の戦いを締めくくった。

ただ、この試合でもベンチ外となった香川は今季8試合1アシストという不本意な結果に。それでも、チームメイトには好影響を与えていたようだ。

今季チームトップのゴール数を叩き出した24歳のFWカロル・シフィデルスキは、ポーランド代表のEUROメンバーに選出。『metrosport』によれば、彼はこんな話をしていたそう。

カロル・シフィデルスキ(PAOK FW)

「(誰から最も学んだ?)

PAOKでやり始めた頃は、セルジオ・オリヴェイラだね。今の彼はポルトで素晴らしいシーズンを送っているよ。

最近だと、今はミドルズブラにいるチュバ・アクポンだね。

今でもチームには多くの優れた中盤の選手がいるよ。そのひとりが元ドルトムントの香川真司さ。

真司はとても心が広い人で、打ち解けて話すことができる。彼から多くを学んだよ」

セルジオ・オリヴェイラは今季CLでユヴェントスを撃破するフリーキックを叩き込んだポルトガル代表MF。アクポンはかつてアーセナルで期待されていた元逸材だ。

【動画】レヴァンドフスキと香川で奪った伝説ゴールシーン

シフィデルスキによれば、香川はオープンマインドな性格をしており、多くを習得したそう。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら