今季途中にトーマス・トゥヘル監督を解任して、マウリシオ・ポチェッティーノ監督を招聘したPSG。

だが、リーグアン連覇を逃すなど失意のシーズンとなってしまった。

『Daily Mail』などによれば、ポチェッティーノ監督はPSGの上層部に退団したいという意思を伝えたとのこと。

契約は2022年6月末まであるものの、レオナルドSDと口論するなど状況は好ましくないものになっているとか。

“移籍先”として挙げられているのは、古巣トッテナムとレアル・マドリーだ。

【動画】ポッチェティーノ監督、PSGでの赤っ恥シーン

『AS』によれば、レアルは新監督をポチェッティーノにするか、ラウール・ゴンサレスにするかで揺れているとか。

ただ、レアルはPSGとの良好な関係を維持したという考えがあるため、ポチェッティーノを契約途中に引き抜くことはしたくないようだ。PSGとの契約解消後なら招聘する可能性があるようだが…。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名