今季途中にチェルシーの指揮官に就任するとチームをCL制覇に導いたトーマス・トゥヘル監督。今夏の移籍市場では得点力不足に喘いだチームの補強を望んでいる。

『Guardian』によれば、ドルトムント時代の教え子もターゲットになっているとのこと。

それは、元ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル。25歳になった彼は現在ベンフィカでプレーしている。

ドイツの未来を担う逸材として期待を集めていたが、その後はややトーンダウン。ベンフィカでもプレータイムを与えられない時期があったが、今季はチーム内で最高のパフォーマンスを見せた。

【動画】香川真司の目の前で!ヴァイグル、BVB時代の鬼ゴール

ベンフィカとの契約は2024年まであるが、プレミアリーグで2人の再会は実現するのだろうか。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら