ドルトムントで活躍するノルウェー代表FWアーリン・ホーラン。

彼の父アルフ=インゲ・ホーランもプレミアリーグでプレーした選手だったが、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーンとの因縁で知られている。

1997年、リーズにいたアルフ=インゲとキーンが接触。負傷したキーンは倒れ込んだまま起き上がれなくなったが、アルフ=インゲは彼を激しく罵った。

その4年後、キーンは復讐を敢行。当時マンチェスター・シティに所属していたアルフ=インゲの膝に悪質なタックルを見舞ったのだ。

膝十字靱帯を断裂したアルフ=インゲは、この怪我で実質的にサッカー人生を断たれて引退。人工関節を入れてなんとか日常生活が送れるほどだった。

【動画】サッカー史上最悪?キーン、ホーラン父を壊した殺人タックルシーン

キーンがこの件に言及。『Sky Sports』で元イングランド代表DFマイカー・リチャーズから現役時代のプレーで後悔してることはあるかと聞かれるとこう答えたのだ。

ロイ・キーン

「言わせてもらっていいか。ピッチ上でやったことで後悔したことはひとつもない。一切ね。

退場になって、チームを失望させたがね。

(ホーランとの件は)自分にとっては人々との闘いのなかにいた。

選手を傷つけにいったか?もちろんやった。

それについては絶対に謝らない。そして、人々が私を痛めつけにきた。

私は人生で一度たりとも選手を怪我させようとしたことはない。

(だが)選手を痛めつけようとしたか?もちろんだ。

中盤でボールに向かっていけば、誰かが怪我をする可能性は大いにある」

やや矛盾した発言にも思えるが、とにかく謝るつもりはないようだ。

海外のファンたちは「完全に意図的だった。もし、街中でこれをやったら刑務所行きになりえる」などと反応している。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら