エル・クラシコで数々の激闘を演じてきたバルセロナとレアル・マドリー。かつて両チームで活躍したスターたちが集結するレジェンドマッチが行われた。

49歳になった元ブラジル代表リヴァウドはキャプテンマークを着けて登場。こんなロングボールを通すシーンもあったぞ!

左奥に見事なボールを供給!本人のイメージよりはパスが外に流れたしまったかもしれないが、今でもこんなキックができるとは…。

なお、リヴァウドのパスを受けて、キレキレのシュートを決めたのは41歳ジョフレ。トリッキーなドリブルが得意な選手だったが、その片鱗を見せつけていた。

【動画】これが全盛期リヴァウド!日韓W杯でぶち込んだ鬼シュート

試合は2-3でレアルレジェンズが勝利している。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら