EURO2020で優勝したイタリア代表のなかで最もブレイクした選手は、フェデリコ・キエーザだろう。彼はユヴェントスに所属する23歳のアタッカーだ。

ユーヴェで同僚だったジャンルイージ・ブッフォンは彼の父であるエンリコ・キエーザともプレーした経験を持つ。そのブッフォンは『Gazzetta dello Sport』でこんな話をしていたそう。

ジャンルイージ・ブッフォン

「フェデリコがユーヴェにやってきた時、彼のことをあまりいいとは思わなかった。正直に言ってね。

EUROでの彼はアンビリーバブルだったよ。イングランドとの決勝ではアンストッパブルだった。

ユーヴェで彼と1年を過ごした後なので驚きはない。

ただ、彼がEUROのようなハイレベルの大会であんなすごいプレーができるのかは分からなかった。

ハイレベルでもあんなプレーができるなら、本当に特別な選手ということになるね」

ユーヴェ加入当初はそれほどでもないと過小評価していたとか。

【動画】ブッフォン脱帽!?キエーザ、EUROでぶち込んだスーパーシュート

キエーザはユーヴェ1年目で46試合で15ゴール11アシストをマークしている。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら