東京オリンピックを戦う日本代表をオーバーエイジとして牽引する吉田麻也。

DAZNで配信されている『FOOTBALL TIME』で盟友である内田篤人と共演を果たした。

吉田は「手強かったFWは?」という質問に「一番聞かれる質問だね。しんどい質問…(笑)」としつつ、こんな風に答えていたぞ。

吉田麻也

「スアレスはすごかったな。うまいのよ。

雑そうに見えてうまいし、本当にいやらしいところを突いてくる。

最近、みんながテレビで見るのでいえば、ハリー・ケイン、ソン・フンミン。

(2人は)武器が多い。両足で蹴れるし、速い。

昔だったら、こういう特徴があるっていうタイプで守れていた。こいつは高さ、こいつは速さみたいな。

(2人は)オールラウンダーなんで」

吉田が指名したのは、プレミアリーグで戦った経験があるウルグアイ代表FWルイス・スアレス。いやらしいところを突いてくるという実感があるようだ。

【動画】いやらしさの塊!?スアレス、リヴァプール時代の神シュート

そして、トッテナムの攻撃を牽引してきたケインとソン・フンミンのコンビは総合値が高い厄介なアタッカーだとか。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら