バルセロナ史上最多出場記録と最多得点記録を持つリオネル・メッシ。昨夏には退団を公言していたが、現在は再契約に向けて交渉中とされている。

そのメッシとバルサでともにプレーした元カメルーン代表FWサミュエル・エトーの発言が話題になっている。

インタビュアーから「アンス・ファティはメッシから何を学べますか?あなたはメッシとともにプレーしましたが…」と聞かれると、こう答えていたのだ。

サミュエル・エトー

「違うよ。彼が俺とプレーしたんだ。違う」

インタビュアー

「なぜ違う?」

サミュエル・エトー

「メッシが俺とプレーした。俺がメッシとプレーしたわけじゃない。

俺の時代はメッシが俺とプレーしたんだ。違う。全然違うよ」

メッシとプレーした選手という表現を嫌がったエトー。メッシのほうが自分とプレーしたという思いがあるようだ。

【動画】メッシとエトー!バルサでの仲良しシーン

エトーはバルサでの5シーズンで199試合130ゴールを記録。一方、バルサ一筋のメッシはこれまで778試合で672ゴールを決めている。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら