バイエルン・ミュンヘンは元ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏が75歳で死去したと訃報を伝えた。

ミュラー氏はバイエルンとブンデスリーガで史上最多のゴールを記録したストライカーであり、代表ではEUROとワールドカップの優勝も経験したレジェンド。

昨年、妻ウッシーさんがミュラー氏が認知症を患っていることを明かしていた。

【動画】史上最強のストライカー!ミュラー氏のスーパーゴール集

バイエルンのオリヴァー・カーンCEOは「ミュラー氏の訃報は我々全員を深く悲しませるものだ。バイエルン史上最も偉大なレジェンドのひとりであり、その功績は比類ないもの。バイエルンとドイツサッカーの偉大な歴史の一部であり続ける。ゲルトは我々の心に永遠に居続ける」と哀悼の意を表している。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら