18日に行われたUEFAヨーロッパリーグ予選で、セルティック所属の日本代表FW古橋亨梧がまたゴールを決めた。

セルティックは予選プレーオフでAZアルクマール(オランダ)と対戦。古橋亨梧と菅原由勢の日本人対決となった。

両者ともにスターティングメンバーに名を連ねた試合は、11分にホームのセルティックが先制ゴールを決める展開に。

左サイドから送られたクロスに対し、ファーポストでフリーになり飛び込んだのは古橋亨梧!ジャンプして右足で優しく合わせ、ゴールへと押し込んだ。

古橋亨梧はリーグ戦で2試合3ゴール、カップ戦で1試合1ゴール、EL予選3試合で2ゴールと凄まじいペースで得点を量産している。

【写真】「ヴィッセル神戸が海外から獲得した日本人選手」

さらに61分には古橋亨梧のアシストからジェームズ・フォレストがゴールを決め、セルティックが2-0で1stレグを勝利しているぞ。

久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら