リオネル・メッシ参戦で俄然注目度が増しているリーグアン。

昨季4位に終わったリヨンを今季から率いているのは、元Jリーガーでもあるピーター・ボス監督だ。

メンフィス・デパイが退団したリヨンは開幕3試合で7失点を喫するなどいまだ勝利なし。第3節クレルモン戦は残り10分の時点で2点をリードしていたが、立て続けの失点によって3-3の引き分けに終わった。

『lequipe』によれば、試合後のボス監督はこんな発言をしていたそう。

ピーター・ボス(リヨン監督)

「当然ながら、非常に失望している。絶対に引き分けてはならない。

4点目のチャンスがあったが、それを決められなかった。相手が2点目を決めた後に我々は自信を喪失し、酷い守備をした」

「また勝点2を失った。我々のクオリティからすれば、(試合を)終わらせていたはずだ。

U-12レベルでもお目にかかれないものを目にした。

これは自信の問題だ。それでも(3-0で負けた)アンジェ戦よりはかなりましだった。

前半はいいパフォーマンスだった。ハイプレッシャーをかけ、チャンスを作ったし、ハードワークをしていた。

だが、ディフェンスにミスがあることは分かっている。選手たちのフィジカルはいい。それは問題ではない」

前半はよかったにもかかわらず、終盤になると守備が崩壊してしまったと嘆いていたとか。

【動画】弾丸ミドルをズドンも…守備崩壊リヨンの失点シーン

ここまで2分1敗のリヨン。9月20日にはPSGとの大一番が控えている。